「なぜうちの子は本番に弱いのか?」手塚一志

3話 なぜ、ほめてはいけないのか?

17話 ヒトは3ヶ月で別人に生まれ変わる

 こういう過去に出会った良いときの感覚探し≠やってしまうプ
レーヤーには、「人の助けを借りようとしないで自分一人で探すこと
が好き」という特徴があるかもしれません。
 なぜならそれは、「自分にしかわからない感覚」だと考えているか
ら。だから、「他人に聞いたところで解りようがない」と思っている
わけです。
 それはある意味正解です。その人の体内で芽生えたその人のみ知る
感覚は、その人以外は感じ取ることはできません。それを他人が味わ
うことは不可能です。

 ただもう一つ言えることは、それはどれだけ素晴らしい感覚だった
としても、すでに過去のモノ≠ナあるということです。たしかにゾ
クゾクするほどの会心の瞬間だった・・・のでしょうが、それは、そ
のときの環境や状況が整っていたからこそ生まれたモノだということ
を忘れてはなりません。


 たとえば、その時のあなたと数年後のあなたとでは、同じあなたの
カラダであっても同じパーツで成り立っているとは限らないのです。
ヒトの細胞は60兆個あり、それは日々生まれ変わっています。約3ヶ
月ですべての細胞が新しいモノに置き換わると言われます。というこ
とは、数年前に味わったあの快感は、実はいまの細胞とは別の60兆個
の集合体によって生み出されたそのとき限定のパフォーマンスだった
ということなのです。
 つまり、あなた以外の人が感じ取ることが不可能なあの感覚は、あ
なたでさえももう二度と感じ取ることはできない可能性が高いのです。
選手寿命は長くありません。このことを踏まえておかないと、いくら
待っても来ない電車をずーっと待ち続けるような、もったいない時間
の浪費を犯してしまうかもしれません。



上達屋オフィシャルウェブショップ すべて読みたい方はこちら→「上達屋オフィシャルウェブショップ」

「なぜ、うちの子は本番に弱いのか?」トップに戻る

TOPへ

手塚一志の野球教室「上達屋」は通常の野球教室とは一線を画す“教えない”野球教室です