「なぜうちの子は本番に弱いのか?」手塚一志

3話 なぜ、ほめてはいけないのか?
11話 教えず?

 コーチングしたいのなら教えるな、これが2番目の原則です。

 コーチングで投げ方を教えてはならない?
 パスの出し方を教えてはならない?
 走り方を教えてはならない?

 そうなのです。教えてはコーチングにはなりません。その理由はかん
たんです。
 教える≠アととコーチング≠ニは同じではないからです。

 ティーチング≠ニコーチング≠フ違いをご存じですか?
 コーチの語源は「送り届ける」でした。「大切な人を望む場所へ送り
届ける」作業がコーチング。選手が望む場所を聞き、送り届けることが
コーチの仕事なのです。

 一方ティーチングは「教える」。となると、この2つは同じではあり
ませんね。
 送り届けるというと、タクシーやハイヤー的な意味合い。つまり送迎
行為。
 教えるとは、すでに決まっていることを伝え理解してもらう作業。す
なわち教授。

 送迎と教授。これはまったくの別物の行為だったのです。
 にもかかわらず、日本のスポーツ界ではほぼ同義的にとらえられ、ま
たそう使われ
てはいないでしょうか?

上達屋オフィシャルウェブショップ すべて読みたい方はこちら→「上達屋オフィシャルウェブショップ」

「なぜ、うちの子は本番に弱いのか?」トップに戻る

TOPへ

手塚一志の野球教室「上達屋」は通常の野球教室とは一線を画す“教えない”野球教室です